米国高校留学マサシさん★FBLAビジネスプランがNY州トップ3に抜てき!

高校生が起業、GEA・グローバルイングリッシュアカデミーを発案!1次審査に抜てき、2次審査のプレゼンに挑む!

 

昨年9月より、米国ニューヨーク州イーデンハイスクールで学んでいる高校2年生のマサシさんは、FBLA(Future Business Leaders of America) に独自のビジネスプランのレポートを書き上げて提出したところ、第1次審査でニューヨーク州のベスト3に選ばれたことが分かりました。

 

FBLA

 

レポートは数か月間の構想後、期限の1週間前から取り組み始めて、学校の試験期間やミュージカルの発表が迫り夜の9時までも練習があった中で、何とか寝る時間をけずって懸命に取り組んで仕上げたとの話です。

 

プランの内容的に一緒にチームを組める仲間がなかなかいなくて、ほぼ一人で進めていたことと、睡眠時間が極端に少なくり、学校の授業中にまばたきした授業が終わっていた事が何度もあって自分でも驚いたと凄まじかった状況を伝えてくれました。

 

マサシ2015FBLA

 

30ページにも及ぶそのビジネスプランは、日本と他のアジア諸国に向けて、急速に進むグローバル化時代のニーズにあった実用英語教育を提供するための詳細なプランです。読み書きを中心としてきたこれまでの日本の英語教育は、もう既に全く古くて今の時代には通用しないと、自信の実体験から考えているのです。

 

2週間後は、このFBLAビジネスプランのプレゼンテーションと質疑応答があって、準備でさらに忙しくなるけれど、全力尽くして頑張って進めて行きたいと意欲を伝えてくれました。

 

日本からは、スクール後輩の生徒さんたちが、「スケールが大きくてかっこいい!」 「そんな事ができるなんて本当に凄い!」また、「アメリカニューヨークj州で認められるなんて、ちょっと想像できないくらいだけれど、超素晴らしい!」と感激しています。マサシさん、皆さんで応援しています!

 

 

ページ上部へ