コンテンツ

発音矯正レッスン

発音矯正レッスン風景

一度で正しく通じて正式な場でもしっかりと堂々と話せる英語の発音を、きれいで明瞭、品位ある英語の発音を、発音矯正レッスンで着実に習得できるように指導します。

単なるネイティブの模倣ではなく、音声学に基づいて、日本語と英語の異なる点を分析して行います。 基礎の基礎から着実に上達したい方には、マンツーマンレッスンは、大変効果的です。 苦手な部分に時間をかけてレッスンを着実に進めていきます。

これまでに、学生、一般の方、子供英会話の先生、英語塾の講師、医師、企業に勤務する社員、航空旅客機の機長や客室乗務員の方々がレッスンを受けて、素晴らしく上達できました。
レッスンを受けて1ヶ月後、3ケ月後、6ヶ月後・・・そして、1年後には、あなたの英語は大変身していることでしょう。

 英語の発音、ここがポイントです!

英語発話ための腹式呼吸法、舌と口、口周りの筋力トレーニングから始めます。
日本語の発話は胸式呼吸、高低アクセントですが、一方、英語は腹式呼吸、強弱アクセントという特徴があります。

日本語の母音は、「あいうえお」の5つですが、英語の母音はシンプルに考えても15あります。
例えば、ハットとカタカナで表記される英語は、hot(暑い), hut(小屋), hat(帽子) 、また、ハートでは、heart(心、心臓)と hurt(傷つける)があります。カタカナ英語では英語の音を表すことが極めて難しいのです。 

また子音に関しては、母語干渉(日本語の影響)を受けやすく、舌の位置が異なる音、そしてやはり日本語には存在しない音が多いので、英語が通じないのです。連続する子音、例えば、crown, clown,

相手にしっかりと確実に伝えるために、重要な意味を持つ語(内容語)にストレスがおかれ、自然と強弱のリズムができてくるのです。 単語一つ一つをバラバラに言うのでは、不自然な発音になってしまい、相手の方にも伝わりにくいですね。

よく、ネイティブさんの発音が速くて聞き取れないという声が聞かれますが、ゆっくり言ってもらっても、まだ聞き取れず、文字で見ると 「な~んだ!それなら知っている! でも、、全然違うように聞こえるのは、なぜ???」 ということ、多いですね。

単語一つ一つの発音が良く出来たとしても、英語らしく、自然になめらかに話したり、音読したりする際に、音声学上、様々な現象が起きるのです。自然とつながる音(連結)、消えてしまう音(脱落、同化)、次の音と一緒になって変わってしまう音(融合)などです。 

とても難しそうに聞こえるかと思いますが、実は、しっかりと内容を伝えるために、言いやすいように、舌や口の動きを調整しているのです。 これらのことを、ひとたびマスターすれば、大変にスムーズに聞こえて、自分の英語が本当に驚くほど、自然に英語らしくグレードアップすることができるのです。

英語のイントネーションとリズムもマスターすれば、発音矯正と同時に、リスニング力も自然に上達します。 あなたの英語の世界をさらに広げてみませんか?
 

このようなレッスンが受けられます!

  • 学校や塾で教えるための準備として
  • 学校や会社などでのプレゼン準備として
  • 正しい発音の仕方の指導指法を学ぶために
  • 仕事上、マニュアル化された英語を正しく話すために
  • 会話中よく混乱するLとRなどの発音をターゲットとして
  • 発音を基礎からしっかりと大改造することを目的として
  • 海外旅行などで役立つ表現を、伝わる自然な英語でスムーズに言えるようにするレッスン
  • 海外でのホームステイにそなえて、役立つ表現を伝わる自然な英語でスムーズに言えるようにするレッスン

※ご希望に合わせて、マンツーマン(1人)、2、3人からのグループレッスン、会社の研修用レッスン、短期間集中レッスンなどのプランをご用意できます。どうぞお気軽にご相談下さい。

こんな方に適しています!

  • 英会話スクールに長年通っているのにカタカナ英語から抜け出せなくて困っている方
  • 海外旅行で、言いたいことがスムーズに伝えたい方
  • 海外でのホームステイをより楽しむために準備したい方
  • 文字を見ると分かるのに、リスニングでは聞き取れない方
  • 帰国子女の方で、身に付いたなまり、または子供っぽい発音を矯正したい方
  • 将来、英語の先生を目指すので、スペリングと発音の関係をしっかりとマスターしたい方、または、発音の指導法を学びたい方
  • 英語の成績には自信があるのに、発音には強いコンプレックスがある方(中学生~大学院生)
  • 現在、英会話の先生、学校や塾などの英語教師の方で、発音のレベルを向上したい方、自信を持って生徒に正しく効果的な発音の仕方を教えたい方
  • 身に付いたブリティッシュイングリッシュをアメリカンイング リッシュに変えたい方
ページ上部へ