祝・横浜市中学生英語スピーチコンテスト本選出場★中3生ユイさん

自分が伝えたい内容のスピーチ★ 笑顔の挨拶は、人々をつなげる大切な手段

 

スクール生のユイさんは、東永谷中学校の3年生で受験生です。夏休み中に、自分の伝えたい内容で英語のスピーチを作成して、横浜市中学生英語スピーチコンテストに挑戦しました。横浜市中学生英語スピーチコンテストの予選では、40名中の10名のひとりに選ばれて、30名が出場の本選で見事に発表することができました。

 

制限時間が3分のスピーチでしたが、4分程かかる長めの原稿が出来上がってしまい、期限が迫りそのまま提出してしまったので、相当早口で言わなければなりませんでした。

 

幸いスクールで発音重視の学習を積み重ねていたので、口と舌が良く動いて、笑顔で発表できるまで練習をしました。ユイさんが心配だったのは、早口で発表したので、聞いている人たちが聞き取れるかどうかだったということでした。

 

ユイさんスピーチ

 

?? 実際、学校の文化祭で発表した際に、発表を聞いたスクール後輩の生徒さんたちの感想は?

 ・ユイさんの原稿を見て聞いていても、何だか意味が全く分からなかったけど笑顔でスラスラ言っていて凄かった。

 ・速くて全くついていけなかったけど、外国人の様でやばかった。

 ・学校や塾で習っている英語とは、全く発音も速さも違っていて、とにかく驚いた。

 

??ユイさんが、 伝えたかったというスピーチの内容は?

挨拶は人々をつなげる大切な手段だと思っています。2020年の東京オリンピックに向かって、ますます多くの外国の人が日本に来ます。日本人は、内気な人が多いですが、恥ずかしがらずに笑顔で挨拶をして、コミュニケーションをとる事が大切だと思います。

 

私は、普段から見知らぬ人でも、笑顔で挨拶をするようにしています。挨拶は世の中を明るくすると思って、毎日実践しています。

 

?? 前田先生より

ユイさんのスピーチが聴きたくて、仕事のスケジュールを変更して、スピーチコンテスト本選に行きました。エントリーナンバー1でしたね。聴いていて、その見事なスピーチに心から感動したのと同時に、おかしな話ですが、一体どの様に学習したら、この様に発表できる様になるのかと疑問が出てきました。

 

実際、小4生時から、私がスクールで指導し続けて現在に至ることをすっかり忘れてしまう程、素晴らしい仕上がりでした。しかも、自然で素敵な笑顔での発表、お見事で、心が明るく楽しくなるスピーチ発表でした。

 

 

 

ページ上部へ