★祝、高2生7月英検準1級に見事合格!小4時から継続は力なり!★

高2生マサシさん、英検準1級6月に1次試験高得点で合格、7月2次面接試験は準備少なくても合格!★

 

現在高2生のマサシさんは、小4時に当スクールで英語基礎学習を開始して、小6時に英検デビュー、5級、4級合格、中1時に3級合格、中2時に準2級合格、中3時に2級合格と着実に英語力をつけて、学習を継続してきました。

 

高1時から準1級受験を目指して準備を重ねて、この6月に1次試験をほぼ合格者の平均点という高い得点の余裕で合格し、7月には学校の定期テスト期間と重なり、厳しい状況の中で準備が充分できないまま実力で受験、そして見事に1発で合格することができました。

 

スクール初の高校生準1級取得です。 この級は、近い将来、学校の英語の先生たちが取得しなければならないと言われているものです。 アメリカ留学が待っているマサシさん、英語力も準備は快調ですね。

 

2014914234459.jpg

 

〈マサシさんの感想〉

大学進学とアメリカ高校留学の準備のために、高1の夏頃から着実に語彙力を増やしていった。 大学入試のための単語はほぼマスターできたので、高校でもトップの文選クラスで、仲間から単語力が最強だと言われ、「単語王」という称号をつけられた。

 

この4月に学校行事の北米研修でワシントン州ヤキマにホームステイした時に、身に付けた英検準1級レベルの単語がドンドン出てきて役立った。 

例えば、ホストマザーがドライブ中に「この地域はdryだから、irrigation (灌漑)している。」とか、

日曜日に教会で、vandalism (芸術品などの意図的破壊行為) についてdiscussionしたり、

森に入ると標識には、unauthorized (認可されえていない者) は No Trespassing (立入禁止) など、

次々と日常生活で使われている単語ばかりだった。

 

この夏からの留学を前に、英検準1級に合格することができて、本当に良かった。

 

ページ上部へ