この夏羽ばたく、AFS高校留学★神奈川県から16名、内4名は当スクール出身★

祝、今年の夏世界へ羽ばたく★ AFS高校留学61期生、派遣生4人、準備は約3年前から!(その1)★aircraft

 

 

 

 

 

AFS日本協会のLPリエゾンパーソン(ボランティア職員),Kさんから、「今年は神奈川県から16名の高校生がAFS派遣生として留学をしますが、そのうち4名は前田先生から英語を学んだ生徒さんたちですよ! 凄いです。」とお話を頂きました。 なんと!県で4人にひとりはこの(まだ小規模)イライザイングリッシュスクール出身。、今から7年半前の春に、小4生時から少なくとも5年以上、通った生徒さんたちです。

現在は高校2年生になった4人の生徒さんは、各人、米国、インド、スペイン、メキシコで約1年間の高校留学が実現するのです。 

 

実は高校時に1年間の留学って、本当に様々な点で理想的だと考えていました。 何とか信頼できる良い団体がないかしらと思ってから、数日後のことでした。 近所に住むAFS、LPのKさんから、とても良い機会になるので良かったら、ぜひお話をとお誘いを受けたのです。 何と!Kさんは、ご自身のお子さん3人を全員、AFS高校留学をさせた方なので、留学人関して、色々と本当に良くご存知なのです。 まさに願ったり叶ったりで、私は大変に嬉しく、また心強く思いました。 

 

私は高校留学は理想的だと考えているのです。 その理由を挙げると、まず、単純に語学は18歳までが楽に伸びるということ、そして小中学生とは違い、心身ともに成長しているので、親から離れても良い頃であり、異文化体験で苦労することがあっても高校生ならばまだホストファミリーからかろうじて子供扱いされ、失敗も許されるのではと思ったからです。

 「かわいい子には、旅を!」です。

 

Kさんから留学に関する具体的な話をしっかりと伺い、決して甘い話ではないので、保護者も子もしっかりと心しておかなければならないことが多いと分かり、徐々に心の準備をしていきました。

 

全てがボランティアで成り立っているので、滞在先やホストファミリーをこちらから選べないことも分かりました。 留学に関心がある保護者さんとのお話会を開き、準備を始めていったのが、生徒さんたちが中2生の時でした。 学校での成績のことや出席数も関係してきます。 高校生になると当時に米国留学希望者はレベルが高いテストを受けなければなりません。 中3時に英検2級レベルの力が必要になることも知り、生徒さんたちは目標を持って英語学習に本気で取り組んでいきました。

                                                (つづく)

 

 

 

ページ上部へ