高1生 留学オリエンテーション2泊3日合宿、仲間が一気に増えて士気が上がった!

地図

 AFS高校留学のための夏休みオリエンテーション2泊3日合宿に参加
       士気がグッと上がり、凄い仲間が一気に増えた!

来年夏に米国、スペイン、インドでの留学が決まった高校1年生の3名は、東京代々木のオリンピックセンターにて、夏休み中の8/19から2泊3日、オリエンテーション合宿に参加してきました。今回は米国に留学するマサシさんが合宿の様子や感想などを報告してくれました。
 
? 世界中色々な国々で留学した先輩たちが、体験した文化を紹介 
国ごとに部屋を分けて、クイズ、ゲーム、文化紹介をしてくれた。民族衣装を身につけて、その国の音楽で迎えてくれ、その国の言葉でペラペラ話しかけてきて、誰もが皆、明るくてテンションがすごく高くって、とにかく驚くことが多くめちゃくちゃ楽しかった。 こんな体験はしたことがない!
 
? 日本の文化や宗教、社会のことを説明する練習
例えば、お正月、お盆、クリスマスや祝日のことを話すなど、また、日本の議会のしくみについても説明した。
自分の国のことをいかに知らないで生活しているかを知ったので、留学するまでに説明できるように、しかも全て英語でできるように準備をしておかなければと思った。
 
? ディスカッションやディベートの練習 
2つの星AとBがあって、どちらに留学したいか、意見を述べて、相手に反論したりする訓練をした。
Aは人口が多い、科学技術が発達していて、自然がない、歴史はまだ50年。親が仕事で忙しいから子供はひとりで夕飯を食べる、個人主義の星。
Bは人口が少なくて、自然が豊か、科学は発展していなく、家族主義の星。
 
⇒⇒⇒ 正解がない、どちらに留学しても貴重な経験になるということだ。意見を言い合うことが楽しかった!

?100人以上の友人とlineやfacebookで交流
61期夏組のグループができて、一気に留学仲間ができてつながった!
同じ目標を持った仲間たちと共に留学する意識も高めて進めて行ける!
自分の世界が一気に広がった!

 

ページ上部へ